特集展示「高橋靖夫-地にあるものたち-」同時開催 収蔵作品展「高橋貞一郎、宮原麗子」

特集展示「高橋靖夫-地にあるものたち-」同時開催 収蔵作品展「高橋貞一郎、宮原麗子」の写真

イベント情報

開催期間 2018年05月26日(土)~2018年07月22日(日)
開催時刻 9:00~17:00(入館は16:30まで)
料金 【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
※諏訪地域の小中学生は無料
※7月14日(土)~9月2日(日)「ミュージアム王国 信州とあそぼ!ミュージアムスタンプラリー2018」期間、小中学生無料
障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名まで同額)150円
ホームページ イベントに関する詳細情報はこちら
会場 諏訪市美術館
開催場所 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
アクセス方法 JR上諏訪駅より諏訪湖方面徒歩7分
中央自動車道諏訪ICより15分、諏訪湖沿い片倉館隣
駐車場 あり
備考

お問い合わせ先

名称 諏訪市美術館
電話番号 0266-52-1217
FAX 0266-52-1217
E-mail scm-art@city.suwa.lg.jp
URL お問い合わせはこちら
このイベント主催者施設では、【しあわせ信州アルクマファンクラブ特典】が受けられます。特典施設はこちら
エリア

高橋靖夫は洋画家・高橋貞一郎(1897-1955)の五男として、姉の宮原麗子(1930-)も洋画家として活躍している芸術一家に生まれました。

描き続けている「地にあるものたち」というシリーズは、“共存共生”という考えのもとに描かれています。
猫や牛、犬、うさぎ・・・生き物たちが庭で遊んでいた子供のころの思い出と、移り変わる信州の美しい自然がテーマとなっています。
エネルギーにあふれた力強い筆致で描かれる大作から、命あるものの尊さ、生命の輝きを感じてください。
また、同時開催として諏訪市美術館収蔵作品より、父・高橋貞一郎、姉・宮原麗子の作品も展示します。


【会期】
平成30年5月26日(土)~7月22日(日)

【開館時間】
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日
5/28、6/4、11、18、25、7/2、9、17

【関連イベント】

■つきいちアート6月
「高橋靖夫先生によるギャラリートーク」
高橋靖夫先生に、ご自身の制作や作品についてお話しいただきます。

日時:6月9日(土) 午後2時~(およそ1時間)
場所:諏訪市美術館 展示室
参加料:入館料のみ
定員:なし
申し込み:不要


■つきいちアート7月 親子ワークショップ
「手作りカメラを作ってみよう!」
牛乳パックと虫眼鏡を使って手作りのカメラを作り、撮影を行います。

日時:7月8日(日) 午後2時~(およそ2時間)
場所:諏訪市美術館 会議室
参加料:100円
定員:親子6組
申し込み:必要 7月1日(日)までに諏訪市美術館へ申し込み。


■「おはなし鑑賞会」
展示作品を鑑賞者全員で感想や印象をお話ししながら鑑賞します。

日時:6月30日(土) 午後2時~(およそ1時間)
場所:諏訪市美術館 展示室
参加料:入館料のみ
定員:なし
申し込み:不要


■「学芸員によるギャラリートーク」
担当学芸員が展示作品を解説します。

日時:7月15日(日) 午後2時~(およそ30分)
場所:諏訪市美術館 展示室
参加料:入館料のみ
定員:なし
申し込み:不要
テーマ
岡谷市出身の画家・高橋靖夫(1938-)の特集展示を行います。
開催期間
2018年05月26日(土)~
2018年07月22日(日)
開催時刻
9:00~17:00(入館は16:30まで)

集合場所

諏訪市美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-14

諏訪のイベント


もっと見る

他の検索条件でイベントを探す

開催時期から探す


最近チェックしたスポット

信州・長野観光協会の公式ショッピングサイト NAGANOマルシェ宿泊予約