桃介橋(国重要文化財)

桃介橋(国重要文化財)の写真

施設情報

郵便番号 〒399-5301
住所 長野県木曽郡南木曽町読書
TEL 0264-57-2001(南木曽町役場産業観光課 商工観光係)
URL 桃介橋(国重要文化財)のホームページを見る
アクセス方法 【自動車】
・中津川ICから 25km 30分
・塩尻ICから 80km 100分
【鉄道】
・JR中央本線南木曽駅下車 →徒歩 5分
駐車場 有(普通車50台)
エリア

発電所の資材運搬につかわれた木造吊り橋

国道19号に沿う木曽川。付近でも最も川幅の広い所にまたがる桃介橋は、全長247m、幅2.7m。
水力発電開発に力を注いだ大同電力創業者、福沢桃介が1922年(大正11年)、読書発電所建設の資材運搬路として架けた橋で、木製補剛桁をもった吊り橋としては日本有数の長さがある。1993年、トロッコレールの痕跡も明確に復元。読書発電所、柿其水路橋とともに国の重要文化財(近代化遺産)に指定されている。

MAP

〒399-5301 長野県木曽郡南木曽町読書


この施設に対するコメント

コメントを投稿する

他の検索条件で観光スポットを探す

季節から探す



施設のダウンロード


最近チェックしたスポット

信州・長野観光協会の公式ショッピングサイト NAGANOマルシェ宿泊予約