諏訪大社 下社 春宮

諏訪大社 下社 春宮の写真

施設情報

郵便番号 〒393-0052
住所 長野県諏訪郡下諏訪町193 諏訪大社
TEL 0266-27-8316
URL 諏訪大社 下社 春宮のホームページを見る
エリア

全国各地にある諏訪神社総本社

JR中央本線下諏訪駅から北西へ約1km、秋宮から西へ1kmの位置で旧中仙道沿に鎮座する。上社へは諏訪湖を隔て約13km。
社頭から真直ぐ800m程伸びる道路はかつては春宮の専用道路で、下社の大祝金刺一族を始め多くの武士達が流鏑馬を競った馬場だった。途中の御手洗川に架る下馬橋は室町時代の建立だが、建築様式は鎌倉時代のもので1730年代の元文年間に修築されたが、下社では最も古い建物で遷座祭の折に神輿はこの橋を渡る。
入口の御影石の大鳥居は万治二年(1656)建立と推定され、境外にある万治の石仏と同じ作者と言われている。
神楽殿と拝殿、左右片拝殿及御宝殿と続く建物の配置は秋宮と同じ。神楽殿は修改築が幾度となくなされている。春宮と秋宮の社殿の建替が諏訪藩に依って計画された時に同じ絵図面が与えられたと見え、大きさこそ違うがその構造は全く同じで、春秋両社の建築は彫刻に於て技が競われている。春宮の社殿は地元の宮大工柴宮(伊藤)長左衛門が請負い、秋宮より後から着工して一年早く安永九年(1780)に竣工した。
御宝殿は上下社共に三間四方で、方三間の神明造りと言う。下社では寅年と申年の左右の御遷座祭の他に半年毎に春宮と秋宮の遷座祭が執行される。春宮は杉の木を、秋宮は一位の木を御神木として拝している。
神楽殿の西の建物が筒粥殿、その西の清流は砥川。川の中にある島は浮島と言い、どんな大水にも流れず下社七不思議の一つ。お社は浮島社といい、清め祓いの神を祀り六月三十日の大祓式、夏越の祓いはここで行なう。鎌倉武士が御射山の祭典に参列する時まずこの川で身を清め八島高原へ登山したと伝えら れている。

MAP

〒393-0052 長野県諏訪郡下諏訪町193 諏訪大社


この施設に対するコメント

コメントを投稿する

他の検索条件で観光スポットを探す

季節から探す



施設のダウンロード


最近チェックしたスポット

信州・長野観光協会の公式ショッピングサイト NAGANOマルシェ宿泊予約